プロフィール

ぶくぶくペンギン

Author:ぶくぶくペンギン

  • トントン紹介
    • 2001年10月生まれ
    • 保護したとき370グラム、現在 4.5キログラム。ぶくぶくペンギンの家で飼っています。
  • クロクロ紹介
    • 2007年7月生まれ
    • 170グラムのとき保護され、猫好きなトラさんに飼われています。トンのお友だち。4.9キログラム

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
訪問者数
里親募集
ブログランキング
にほんブログ村
楽天ニュース
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストポジション

赤外線ヒーターをつけるとどこからともなくトンが…

「温かいニャ~、不思議光線ニャ~」


高さ調整に使われる私…

「この高さが丁度いいニャ~」


姿勢が…ちょっと…

「この姿勢キープでよろしくニャ!!」


:
:
:
:
:
:
:
:
足がつった…!

トン: 「知らんぷり…(逃)」

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。クリックして頂ければ嬉しいです。 人気ブログランキングへ
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます

美容体操にトンちゃんが一役買った、
というわけではないんですね。
ここまでしんどそうな姿勢は珍しいですが、
お猫様のためにちょっといろいろ我慢されるというのは
よくある話ですねぇ。
みなさん、頭の中がお猫様中心で回っていらっしゃいます。ww
shah-san | URL | 2016-02-14(05:10) [編集]
こんにちは。
トンちゃん適当に
温まってママさん
見捨てて(笑)
行ってしまいましたね。

しかしママさん器用ですね。
しかも凄くスリムですねぇ。
羨ましいです。

トンちゃんが乗ってきてくれるのも
羨ましいです( ´艸`)
ジョニママ | URL | 2016-02-14(11:01) [編集]
トンちゃん、お母さんに乗っかっちゃって
とっても可愛いです。(pq´v`*)㌧チャ~ン♪

でもぶくペンさんは、とっても大変そうです。
そりゃ~足もつっちゃいますよね。(`-д-;)ゞ

トンちゃんは大満足で去ってしまったのね・・・(´エ`;)
ぐりぴき | URL | 2016-02-14(22:38) [編集]
shah-san さんへ
最初トンが不安定な姿勢だったので安定するようにワタシが足の角度を調整したのです。気がつけばトンは気持ちよさそうに寛ぎワタシは足がつっていました。
お猫さま中心に頭の回路ができあがってしまってるような気がします。
ぶくぶくペンギン | URL | 2016-02-15(00:26) [編集]
ジョニママさんへ
私が無理な姿勢をしてトンを寛がせて、ワタシの足はつりトンは満足して去ってしまった。。。
膝にのってくれるのは嬉しいけど都合よく下僕にされてしまっているのです。けどトンの下僕であることに幸せを感じる今日この頃です。
ぶくぶくペンギン | URL | 2016-02-15(00:34) [編集]
ぐりぴきさんへ
トンが寛げるように足の角度を調節してじっと同じ姿勢で頑張っていた私、ほどよく温まったらお礼も言わずに立去ったトン。
猫おばさんだからできる行動だなと苦笑しています。
かわいいトンが寛げるなら足がつるぐらい我慢です(笑)。
ぶくぶくペンギン | URL | 2016-02-15(00:39) [編集]
足にへばり付くトン様の姿がとっても可愛らしいですにゃね。

ママさんは災難。。。足お大事に(*^o^*)
yu | URL | 2016-02-15(17:08) [編集]
yuさんへ
私の足をクッションがわりに利用して都合が悪くなるとさっさと逃げてしまうトンだけど可愛いから怒れないのです。

最近なぜかよく足がつります。これって老化?運動不足?栄養の偏り?なんて悩んだりするけど、トンによる不自然な姿勢が原因かも。
ぶくぶくペンギン | URL | 2016-02-15(18:22) [編集]
こんにちは。

トンちゃん、良い場所を見つけましたね。
足が痺れてしまったぶくぶくペンギンさんだけれど、
お顔が笑顔なのが、トンちゃんへの愛情を感じます。
猫さん達が乗ったら、動けませんよね。(^_-)
nobi8n | URL | 2016-02-15(23:21) [編集]
nobi8n さんへ
足がしびれても筋肉痛になってもお猫さまが寛いでいるときは人間は耐えるというのが愛猫家の姿のようですね。
夜、布団に潜りこんできて寝返りがうてなくて筋肉痛になることがよくあります。
一度寝返りをうってトンのシッポを踏んでしまったときはしばらく布団に入ってきてくれませんでした。
ぶくぶくペンギン | URL | 2016-02-16(21:47) [編集]
トラックバック
トラックバック URL